新潟市の出張写真撮影

新潟市の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

こちらのページでは、新潟市での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 新潟市

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 新潟市

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 新潟市

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 新潟市

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン 新潟市

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン 新潟市

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

新潟市(にいがたし)は、新潟県北東部(下越地方)の都市で、同県の県庁所在地である。北陸地方・甲信越地方最大の人口を有する都市であり本州日本海側では唯一の政令指定都市である。中部地方では名古屋市に次ぐ人口を有する都市でもある。

 

ロケーションフォト 新潟市

 

●概要
1889年(明治22年)4月1日の市制によって設置された市のうちの1つ。市の中心部にあたる信濃川河口部には、古くから港が開かれ、幕末の日米修好通商条約開港五港の1つとなった。現在でも水陸の交通の要衝である。
2005年の広域合併によって人口が81万人を突破し、2007年(平成19年)4月1日に、本州日本海側では初めての政令指定都市に移行した。市域には北区、東区、中央区、江南区、秋葉区、南区、西区、西蒲区の8行政区が設けられ、市役所をはじめとする市政の中枢機能は中央区に置かれている。
1950年代まで、信濃川左岸の新潟島中心部には堀が張り巡らされ、それに沿って柳が植えられていた。そのため、「水の都」「柳都(りゅうと)」などの異名を持つ。また、多数の漫画家を輩出していることや、バイパス網が発達していることで知られる。 萬代橋、NEXT21、朱鷺メッセ、デンカビッグスワンスタジアムがシンボル的存在となっている。

 

●市名の由来
市の名前である「新潟」という地名については永正17年(1520年)に記録として残っているものの、地名の由来についての記録は残っていないため、由来については諸説ある。
・元々信濃川河口部に「新潟」と呼ばれる潟があったという説
・信濃川の中州の間に新しい内湾、すなわち新しい潟が形成されたことにちなむ。という説
・信濃川河口部の地形の変化により新しくできた島などにできた集落を「新方」(にいかた)と読んでいたのが「新潟」(にいがた)に訛ったという説
・元々は新潟島の海岸部にある村だったのが現在の古町のあたりに移転したときに、海岸部の村に対して移転先を「新方」(にいかた)と読んでいたのが(にいがた)と呼ばれるようになり、「方」に「潟」の字を当てて「新潟」(にいがた)となったという説

 

 

●地理
詳細は「新潟市の地理」を参照
新潟の地は越後平野に位置している。信濃川と阿賀野川が日本海に流れ込む場所で、河川の流域には低湿な平野と数多くの潟湖が、また海岸線に沿って新潟海岸と新潟砂丘と呼ばれる砂丘が形成されている。郊外には湿田や潟湖を干拓した広大な水田が広がる一方、現在でも鳥屋野潟や佐潟、福島潟などの潟湖が残されている。このうち佐潟については1997年(平成9年)に、ラムサール条約登録湿地となっている。

 

・気候
中央区美咲町の新潟地方気象台(新潟観測所)の気候について記す。同気象台は信濃川下流部、関屋分水路の分流点付近に位置する。
冬季に降水量が多くなる日本海側気候であるが、緯度の割に温暖である。 冬は海岸近くの為日本海からの北西風が強く、一日雪の予報でも時折晴れ間が見える事が多い。このため島嶼部を除く新潟県内で最も雪が少ない地域で、50cm以上の大雪への備えも十分でなく、豪雪県のイメージとは裏腹に交通マヒが起こることもある。近年では2010年2月5日に81cmの積雪を観測しているが、1m以上の積雪は1961年以来、半世紀以上に渡ってない。強風やヒートアイランド現象によって放射冷却現象が弱められるため、冷え込みは東京都郊外と比べても厳しくなく、近年氷点下5度以下を記録することは少ない。 春から夏にかけては同緯度の東北太平洋側と比べると気温が高く、南高北低の気圧配置になった場合南風が越後山脈を超える際に起こるフェーン現象の影響を受け、生暖かい強風が吹き高温になることがある。

 

市域内には前掲の新潟地方気象台をはじめ、東区松浜町の新潟空港(松浜観測所)、秋葉区小戸下組(新津観測所)、西蒲区巻甲(巻観測所)の計4箇所にアメダスが設置されている。このうち内陸に位置する新津観測所では、2012年8月31日13時22分に36.6度、同年9月14日正午に35.5度と、それぞれ当日の全国最高気温を記録するなど、夏には厳しい猛暑となる一方で、冬の寒さは沿岸部よりも厳しく、氷点下10度を下回ることもあり、1985年に-15.1度、2003年には-12.1度、2012年にも-10.0度以下を観測している。このように、市域内でも沿岸と内陸では気候に大きな違いがある。

 

●観光
新潟市の観光入込客数は約1,713万人(2013年(平成25年)で、都市型観光と祭事やイベントなどによる集客が全体の6割を占める。また、新潟県下越地域の観光入込客数の約58%、新潟県全体では約24%を占める。

 

新潟市の主要な観光地は、港に関するものが新潟島や信濃川周辺に集中する他、農業や自然に関するものが平野部に分散している。以下に記述する文化財や名所以外の観光資源に関しては「新潟市の教育#美術館」「新潟市の教育#博物館」「新潟市の教育#動植物園」「#スポーツ」「#文化」を参照。